肌を守る素材

ベビー服新生児肌着などを購入するのに形やサイズはもちろん最優先で考えることですが、最近は製造技術の発達で品質も向上し着心地や肌触りなど肌への影響を考慮した製品も増えています。特に生まれたばかりの赤ちゃんは肌が弱く敏感なので素材に関しても気をつけたいところです。短肌着で最も一般的なのがガーゼで昔から使われている素材です。通気性吸湿性吸水性に優れておりオールシーズン対応できる素材です。はじめはガーゼを多めに購入するのもいいでしょう。

次に定番素材がフライスで伸縮性に優れており肌触りも優しくこちらもオールシーズン着られる肌着なので、出産前の準備には数枚あった方がいい素材です。天竺はさらっと軽い肌触りで横への伸縮に優れており春夏向けの素材なので赤ちゃんの生まれるタイミングに合わせて購入する肌着です。パイルスムース保温性に優れた素材なので秋から春にかけて気温が低めの時に着せるイメージで購入するといいでしょう。

新生児肌着新生児肌着はそんなに長く着る衣類ではありません。赤ちゃんの成長も早いのでサイズもすぐに小さくなってしまいます。しかし生まれたばかりの赤ちゃんは非常にデリケートなので肌着一つで様々に影響を与えることもあります。体温調節一つも肌着で調整する必要があります。ある意味赤ちゃんにとってこの時期にしか着られない貴重なときでもあるので肌着の購入の時は大切な赤ちゃんをしっかり守ってあげられるものを選んで欲しいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket